CR

前歯部のCR(コンポジットレジン)修復

 

前歯部のCR充填は審美性が求められるので充填にはかなり神経を使います。

 

前歯CR

 

 

CR

 

この症例はカリエスがかなり大きく歯髄の保存にも注意しながら修復した症例です。

 

 

 

歯髄の保存が可能かどうか染め出しを行いながら軟化象牙質を慎重に除去します。

 

  

 

唇側のう窩のマージンがやや歯肉縁下となっているので、

 

出血のコントロールや防湿処置に気を使いながらの充填です。

 

これ以上う窩が大きくなるとワックスアップする必要が出てくるでしょう。

 

 

「うーん難しい。」

 

エナメル質の透明感と象牙質の色調を再現するのはいつも悩みます。

 

患者さんはとても喜んでくれたのですが、また反省材料が増えました。

CR充填は研磨の技術によっては数年後に褐色線が出てきてしまうことがあるので今後の経過観察が重要です。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事